忍者ブログ

”Angus”の独り言

一人暮らしのお気楽で不思議な日記。 趣味のガーデニングや平凡で平和な日々の徒然を 記録しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

素朴な疑問の解決 ~一番目~


疑問を解決すために

セラピストの誘導に従って、徐々に


私に関係の深い


所謂「前世」ってヤツにさかのぼる。


*


おぼろげに見えてきた。


徐々にはっきり見えてきた。


乾燥した黄色い大地。埃っぽい

ぼろぼろの白い服を着た民衆がひざまずいている場面だった。

私は高いところからその民衆を見下ろしていた。

神輿のような乗り物に乗って、複数の側近に

護衛されていた。 人々はひれ伏し

私を恐れているようだった。

その側近が何か鞭や棒のようなものを人々に見せつけていた。
またはその棒で人を叩いていた。


これを見て、私は直観で「エジプト」だと思った。


私は絶対の権力を持った人物で女性だった。


非常に厳しく、嫉妬深く、また男性的であった。



*


ここでふと頭に浮かんだ。
以前、行ったことがある場所。

ルクソールだ。ナイル川を挟んで西側。

市内から少し遠い場所にあるそこは…

ハトシェプスト女王葬祭神殿だ。

この場所が関係深いのかな?


まて、、、私、ハトシェプストだったの? うそだぁー?


でも、私はその権力者の女性であり
人を苦しめていた。そんな彼女はこう伝えてきた。


「人に優しくするように」

苦しめてきた事を後悔しているんだろう。



私の前世はハトシェプスト女王と何か関係あるんだ。

というか女王だったのではないか?



私の短所は、高圧的で傲慢で頑固なところだ。
そして、何より男っぽいのだ。勇ましいことが好みで
男性に対しても同じ目線で対等に向かっていく。
非常に好戦的である。そういうネガティブな部分は
きっと女王の何かを受け継いでいる気がする。
私は特別で優遇されるべきだと。そういう態度をとっていた。

 

後に、ハトシェプストの人間関係での問題を知って、

あれ、まぁ……汗

今世では地位は違えど立場が逆転しているじゃないか。

これがカルマというサイクルなんだ。

悲しいほどに当てはまる。



でも、


彼女と私のネガティブなカルマもこれで終了。

ありがとう。苦しかったね。

でも、もう気づいているから大丈夫。


それから、私はアヌビス神とも縁が深いようだ。
あの世でずいぶんお世話になっていたのかもしれない



つづく


 

拍手[1回]

PR

Comment

Form

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
白馬 ”Angus”
性別:
女性
職業:
自由系会社員
趣味:
ガーデニングと旅 
自己紹介:
30歳にして一人暮らしを
始めました。日々の徒然を
綴る自己満足日記です。

最新コメント

[04/28 kototomama]
[04/26 angus]
[04/25 くー]

カウンター

参加中

ポチると喜びます♪

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]